山鳩の歌

山鳩の歌  詞・曲:OTT

山鳩が好きだ。でも姿はちゃんと見た覚えがない。彼の泣き声はあまり楽しげではないのだけど、真似をしていると、なぜかどんどんノリノリな気持ちになってくるのだ。クイーカの音はどちらかというとドバトであろう。我々がふだん見慣れている鳩はこっちである。

◎歌詞◎

ヤマバトがないている 朝は どんより 曇り空
ヤマバトの姿はなく
ただその声が うつろな街に響き渡る

ぽーぽー ぽぽー ぽーぽー ぽぽー

ヤマバトは自ら踊ることなく
そのリズムを刻んでいる
まるで孤独な音楽家のように

ヤマバトはそのもの悲しい歌で
何を誰に何のために伝えようとしているのか
僕には分からないが 分からないが

ぽーぽー ぽぽー ぽーぽー ぽぽー