野球、メキシコ、WBC

マーク・ワインガードナー『メジャーリーグ、メキシコへ行く―メキシカンリーグの時代』

ひさびさに愉快な小説を読んだ。
第二次世界大戦後、まだ黒人がメジャーリーグから締め出されていた時代に、
メキシコのリーグが多くの選手を引き抜いて盛り上がったというお話。
あくまでもフィクションだが、かなり事実に基づいて書いているらしい。
金や人種をめぐるあれこれのなかに、
純粋に丸いボールを追いかける野球の楽しさがチラリと見える、
そんな瞬間があちこちにある。
アメリカ人が書いたにしては、メキシコの描写もよくできている。

この本を手に取ったのは、WBCの影響がないとはいえない。
あれは、がっかりだった。
カリブ海のチームをもっと見たかったのだ。
なぜ、日韓戦を3回も見なければならないのか。
一説によれば、あれはアメリカが優勝する前提で組まれたトーナメント方式とのことだが、
まあ確かに、野球はカリブ海が主戦場で、太平洋はどうでもいいのかもしれない。

実は、もっとがっかりだったのは、イチローだ。
私はこの選手があまり好きではなかったのだが、
今回の騒ぎで、すっかり嫌になってしまった。
そう、この本はイチローとは対極の世界にいる選手がたくさん出てくる。
日本でいえば、新庄とかがまあ近いのかな……。

残念ながら、メキシコで野球を見たことはないのだが、
サッカーの試合は一度だけ見た。かの有名なアステカ・スタジアムではなく、
もっと小さな球場。アトランテ対タンピコという、かなりどうでもいい試合だった。
あれ、よかったなあ。


アーノルド・ローベル礼賛

「座右の書」は特にないんだが、強いていえばこれか。

『ふくろうくん』は私にとって師で、
『ふたりはともだち』のがまくん、かえるくんは、憧れの親友で、
『きりぎりすくん』は幸福なときの自分自身。

ふくろうくんは一人遊びの天才である。
吹雪のときの遊び方も、ベッドで一人寝るときの遊び方も心得ており、
涙の味を知り尽くしており、自分が一人であることの不思議さを知っている。

がまくん、かえるくんの友情は有名だろう。

そして「ほこりっぽい道」を歩き続けるきりぎりすくんに対し、
世間はいろいろ教え諭し、押しつけようとするが、
きりぎりすくんは明日も自分がその道を歩き続けることを知っている。


慎重さについて

島田裕巳『宗教としてのバブル』

バブル時代の話をする人の目は遠くを見ているかのようで、まるで来世を夢見る人のようだね、といった話は、よく飲み会なんかでしたものだ。
それを膨らませるとこういう本が出来るわけだが、
せっかく宗教学者がそれを書くなら、もっと宗教論として徹底的に書いてほしいものだ。
ちょっと物足りない。
オレンジレンジに妙に共感しているあたりが、ウケた。

ジャック・グッディ『食物と愛』
ある意味で上のものとは対照的な本。
食文化、家族、階級など、テーマは広いのだが、全体としては、
「西洋(もしくはイギリスなど特定の地域)文化には●●という特徴があって、それが近代化を促した」
といった主張への反論ということになる。
該博な知識をもって慎重に議論をしていけば、こういう話は大抵自民族中心的なものである、というある意味当たり前の結論となっている。
日本でも最近ときどき、アジアのなかで唯一早く近代化を成し遂げたとかで、
こういう怪しげ文化論を耳にするような気がするなあ。
しかし、慎重なだけに(しかも分厚い)、こういう本はあまり注目を浴びないのだろう。
ユーラシア大陸の東西の違いより、ユーラシアとブラック・アフリカの方が違うぞ、と言われても、そりゃまあそうかも、という感じだろうし。
しかし、食文化や愛、懐疑といったテーマについて書かれた細部はかなり面白い。

ところで、話をバブルに戻すと、
バブル大好きの友人が、「今回のバブルはショボい」と言っていた。
前回よりも、おこぼれにあずかる人の数は圧倒的に少ないということらしいが、
ある意味で冷静な分析である(笑)。


韓流おそるべし

韓国のドラマ『フルハウス』をみた。
なぜこんなものを借りて見たかというと、
主演のピ(RAIN)に注目していたからだが、歌手・ダンサーとしてのピについては、また改めて書くことにして、とりあえずは「韓流ドラマ」について。

私は韓流ブームとはほとんど縁がなく、例の『冬ソナ』をちょっと見たくらいだ。
『フルハウス』も、出来のいいドラマとはいえないだろう。
しかし、『冬ソナ』を見たときと同様に、すごく感心した。

なんといっても、制作者の圧倒的なパワーというか、気合いである。
とにかく見ている人を楽しませようという執念、サービス精神が随所に感じられる。
日本のドラマの場合、ときどき、制作者が視聴者のことを忘れて「ひとりよがっている」瞬間がある気がするのだが、それがほとんどないのだ。
そして、『冬ソナ』の場合もそうだが、
このドラマの場合も、視聴者として念頭にあるのは、やっぱり女性だろう。
女性へのサービスという点で、やはり日本のドラマは完全に負けている気がする。
どんなシーン、どんなストーリーが女性をうっとりさせるのか、
それを徹底的に追求した結果、このドラマはリアリズムを逸脱しまくり、
まったくクレイジーなものになっている。
だが、それでいいいいのだ。
とにかく恋愛の一番盛り上がる瞬間をひたすら引き延ばせば、
テレビドラマは成り立つのだという恐るべき事例を見せられた感じだ。
(粗筋としては、主人公の男女は、ひとつ屋根の下で「契約結婚」生活を送るのだが、実は愛し合いながらも、すれ違い、喧嘩を繰り返し続けるというもの。これが16回にわたり延々続く……)
日本でこれに似ているものといったら、やっぱり少女マンガくらいだろう。

しかし一方で、こういうものが成立するのは、
それだけ韓国では男尊女卑が激しく、いろんな意味で差別的な社会というか、
厳しい社会だからかもしれない。
もちろん、日本にそれがないわけではなくて、
日本ではそれを「隠す」「かっこつける」「言い訳をする」ことによって、
つまらないドラマが量産されているように思えてならない。


やる気の感じられない読書

本当は、こういう読書が一番楽しいのかもしれない。

オマル・ハイヤーム『ルバイヤート』

……
現物をとれ、あの世の約束に手を出すな
遠くきく太鼓はすべて音がよいのだ

……
ないかと思えばすべてのものがあり、
あるかと見ればすべてのものがない。

訳者が言うようにえらくモダンな世界観だと思う。
オマル・ハイヤームというとどうしても酒のイメージだが、
この合理性というか、明晰な感じは、酒ぽくない。
むしろ、私のイメージではアラビアン・ナイトのほうが酒ぽい。

春山行夫『ビールの文化史1』
私はといえば、酒なんぞ飲みながら、こんな本をダラダラ読んでいる。
豆の文化史を夢想する。

山際素男『踊るマハーバーラタ』
そういや、まだ『マハーバーラタ』も読み通してないな。
その訳者がエッセンスをぎゅっとまとめた小さな本。
こういう試みがもっと多くあっていいのにと思う。
原書もしくは原典訳のよさもあるが、やはり訳注だらけの長い本を読むのは苦しい。
現代に生きる紹介者の視点で、面白さを抜き出したこういう本は、有り難い。

美女を前にした王が「うーむ、抱きたい……」などと独り言をつぶやき生唾をのむシーンなど、訳もなかなか愉快な感じになっている。
牡牛へのこだわりも面白い。

特に感心したのは、「性の化身」と題された章。
老婦人のなかに若々しく美しい性を発見するシーンは、ちょっと驚きだ。