演奏する夢


ときどき人前で音楽を演奏する夢を見る。小学校のときにやった合奏のように、みんなの前で弾かなければならないのだが、楽譜が頭に入っているわけでもな く、かなり不安な危なっかしい演奏だ。とはいえ、観客はそれが間違っているとは気づかないようだし、僕は調子に乗っていい加減な音を出す。そうこうしてい るうちに曲それなりに進んで、一応音楽らしく響いているようだという夢。奇妙な楽器がたくさん出てくるし、具体的にどんな音楽なのかはよく分からない。た ぶん、ちゃんとしたミュージシャンなら、こんな夢を見たりはしないのではないかと思う。素人ミュージシャンたる僕にとって、音楽はいつもそんなふうに霧に かかったようにはっきりしない得体の知れないものだ。(2002.11.5)

追記:写真はコンピの発売を記念して行われたパーティで演奏するOTT。人生で初めての現実世界でのライブということで、大変緊張した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です